スピーキングパワー

スピーキングパワーは英会話を習得できる教材内容です。

 

スピーキングパワーは、教材に付属している音声CDを視聴しながら、

 

一人二役でシャドーイングして行くので、たとえ会話をする相手がいなくても

 

会話のキャッチボールをする実践的なトレーニングをする事ができます。

 

 

これはスピーキングパワーで学習する大きな特徴とメリットとして挙げられ、

 

実際にネイティブと会話をした時でも、会話が途切れる事なく、

 

スムーズに会話のキャッチボールが続けられるスキルを身に付けられます。

 

 

しかもスピーキングパワーは日本人でもしっかりと英語上達する事ができる

 

学習メソッドを教材として作成してあるので、初心者から英会話を学べる教材内容です。

 

 

スピーキングパワーでは、ビジネスシーンで使う会話や実生活で使う会話など、

 

全部で300以上の場面で使用できる英語を学習していくので、

 

どのような場面でもネイティブと英会話を楽しんでする事ができるようになって、

 

仕事やプライベートなどでも困ることない英会話のスキルが習得できます。

 

 

参考書や教科書に載っているネイティブがあまり使用しないフレーズではなく、

 

バイリンガルが厳選してチョイスしたフレーズを学習できるので、

 

スピーキングパワーで勉強すると着実に英会話を話せるチカラが身に付きます。

 

 

スピーキングパワーのメリットについて

 

スピーキングパワーではネイティブのスピーキングをそのまま真似するシャドーイングをメインとしています。

 

これを実践する事によって、同時にリスニング力も身に付きますので、

 

外国人に伝わる英語力と会話力が大幅にアップするのがメリットです。

 

 

覚えたフレーズを記憶の倉庫に取りにいくのではなく、

 

即座に口から出るようにするにはスピーキングパワーのシャドーイングが最も効率的です。

 

相手がいなくてもシャドーイングなら会話のキャッチボールを練習する事ができます。

 

 

日本人がネイティブ英語を聞き取ることができないのには理由があります。

 

それは理由として頭の中で翻訳する癖が付いているからです。

 

 

そのネイティブ英語を聞き取れない問題を解決するには、

 

想定される場面に合わせて会話のフレーズを話せるようにする事が大切です。

 

 

ネイティブが使っているフレーズを耳で覚えて口に出すようにすると上達して行きます。

 

映画やドラマの中でも日常会話は同じフレーズを話していることに気付きます。

 

 

つまり日常的な英語を話せるようになるには実際に使用するフレーズを覚えればよいのです。

 

ネイティブが話しているフレーズは約300だと言われています。

 

スピーキングパワーでは、その英語フレーズを全て収録しているのがメリットです。

 

 

スピーキングパワーの特徴について

 

スピーキングパワーは、発音矯正の第一人者であるスコットペリー先生も推奨している教材です。

 

このスピーキングパワーの第一のコンセプトを解説すると、

 

英語1フレーズで、45日間のシャドーイングを繰り返し練習するだけで、

 

300の場面で実際に使える日常英会話をを話せるようになれる教材です。

 

 

また、スピーキングパワーの特徴は、日常のシーンが多く取り入れられているので、

 

実生活での応用がききやすく、実生活で使える英語を学べます。

 

 

しかも、こだわりのスピード別の音声がそれぞれ収録されているので、

 

英語勉強をこれから始める、まったくの初心者でもしっかりと学べる教材内容です。

 

 

そして、スピーキングパワーの中には動画もあるので、

 

ネイティブとの会話の内容が自分でイメージしやすいということも特徴として挙げられます。

 

 

他にもさまざまな英会話教材がありますが、教材の中の言葉が堅苦しい場合や、

 

実生活の中での会話であまり使わないフレーズを含む場合が多くあります。

 

 

その為、覚える作業ばかりの時間が増えて、実際に英語が話せない状況になりがちです。

 

スピーキングパワーでは、日常生活の中で必ず起こるというシーンに限定して、

 

厳選したフレーズを詰め込んでいるので、無駄な勉強時間は省いて英会話のチカラを付けます。

 

スピーキングパワーは、英会話力を身に付けたい方には最適な教材といえます。